フタタビミタビ

旅関連のことを多く書いていそうなブログ。

読めばその地に詳しくなる!?ご当地あるあるマンガpart3

ご当地あるあるマンガの紹介が第三弾まで来ました!

今回はまずは連載終了の作品から。

 

⑩地味かもだけど結構見所あるよ?

『ススメ!栃木部』


f:id:waveway:20190405235512j:image

栃木のアピールをするために作られた部活に入れられた主人公。翻弄されながらも魅力を感じていく(はず)。

顧問の先生が先生らしからぬノリの良さと意外な○○好き(ここでは言いません)なのが…(笑)

一通り有名どころは紹介されてますが、もっとマイナーなとこやものも色々あるんだろうなと思うと、これで終わってしまうのがもったいない作品です。

 

 

⑪単行本最終巻は今月出たよ

『三成さんは京都を許さないー琵琶湖ノ水ヲ止メヨー』


f:id:waveway:20190405235538j:image

滋賀県のお話です(時々京都)。タイトルからして過激な感じもありますが、京都に敵意剥き出しの回ばかりでないのでご安心を。

歴史上の人物(タイトルの時点でお察しだと思いますが)が登場人物というのが斬新。

写真は3巻までですが、最終巻の4巻は・・・これから買います(今週発売されたばかり

漫画には載ってない、もっと知らない滋賀県の文化もあるはずです。うーん、消化不良。もっと知りたかったてす。

個人的に滋賀は京阪京津線が見逃せないポイントだと思います。←ただの鉄道好き視点

 

 

 

最後に!まだ単行本化してない作品の紹介です。

 

⑫つい最近連載始まったばかりだから

『だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!』

 

豊橋を中心とした東三河を扱った作品だそうです。まんがライフ竹書房)で連載中。

本誌は全く読んでなくて単行本待ち。

同じ県内住んでても尾張三河って違うと思います・・・キリマルラーメンポンポコラーメンのように・・・(その例えは。。)

 

 

⑬ついに出た!唯一出てなかった北関東県

『茨城ってどこにあるんですか?』

 

たまたま調べてて知ったという偶然・・・!まんがタイム芳文社)で連載中だそうです♪

紹介されている記事がありましたのでリンク↓

東京新聞:「茨城“愛”」漫画でほのぼのと 「まんがタイム」に掲載:茨城(TOKYO Web)

 

 

⑭単行本化是非に~!

『大阪ちゅーとリアル』

 

濃いキャラ、テンポのいい展開でサクサク知れる大阪のこと。奈良出身の旦那にここで読んで知ったことを「そうなの?」って聞いたりしています(が、「違う」と言われることが多いような)。

Webで連載されている作品につきすぐ見れますので、気になったら読んでみては?

こちらから↓

curazy.com

 

そんなわけで、私が知っているご当地あるあるマンガの紹介でした!

次回は番外編というか派生形というか・・・カテゴリの違いだけといえばそうなのですが。そんなマンガも持ってますのでご紹介したいと思います。